ボックスサイズの算出

3.コストは導入(イニシャル)コストだけでなく(ランニング)コストを併せて考える

単価が安いからと、効果や運用費用を同時に考えていないことはありませんか?
白熱球から蛍光球に移行したときには、電気料金が安くなることがポイントでした。
花芽抑制効果が弱くなった対策に、電気料金が下がったんだから電照時間を長くして対応する。
同じことは、LED光源でも言えるのです。
光源の単価が安いから、手を出してみたら照射角が狭くて単位面積当たりの光源を増やさなければ効果が出ない、消費電力が競合する商品と比較し高い(電気料金がアップ)
コストは全て優劣を考慮した上で、貴方に最適な光源の導入をご検討ください。



amazon LED電球 単品ページ
http://amzn.asia/8NYxAkl
amazon LED電球 50個セット
http://amzn.asia/fhX4Isc
amazon LED栽培セット
http://amzn.asia/5LufYmj

LEDの選び方 4 >>


<< LEDの選び方 2 へ戻る